緊急事態宣言に際して普段どおりの(症状のない)患者様へお願い

更新日:2020年4月20日



1.普通に暮らせていても、「におい」や「あじ」がおかしいと感じる場合には来院をお控え下さい。

  • 「におい」や「あじ」がわからなくなる病気、微熱のでる病気のほとんどが、新型コロナウィルス感染症とは無関係です。しかし、元々鼻の病気がないのに、急に「におい」や「あじ」がわからなくなった場合は、新型コロナウィルスに感染している可能性もあります。念のため、来院を控えて下さい。


2.普通に暮らせていても、微熱がある場合には来院をお控え下さい。

  • 体温が平熱よりも高い場合には、念のため、来院を控えて下さい。


3.新型コロナウイルス感染症が疑われる者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった場合には来院をお控え下さい。

  • 例えば、濃厚接触者が家族に出てしまった場合には来院を控えて下さい。

  • さらにもう一つ枠を広げた、濃厚接触者の家族同僚、友人については、ケースバイケースで判断しますので電話にてご相談ください。

  • 「濃厚な接触とは?」https://www.nhk.or.jp/politics/kotoba/29841.html


4.次のような方も来院を控えて下さい。

  • 14日以内に海外から帰国した。


5.来院の際には手指消毒にご協力ください

  • 玄関口に手指用の消毒液をご用意しております。

  • ご来院の際は、手指を消毒してください。


6.マスク着用のお願い

  • ご来院の際はマスクの着用をお願いします。

  • 待合室ではマスクを着用してお待ちいただきますようお願い申し上げます。


7.診察チェア着席後に抗ウイルス含嗽剤でガラガラうがいとモグモグうがいをしていただくようお願いします。

  • ポピドンヨード含嗽剤(イソジン)またはエッセンシャルオイル含嗽剤(リステリン)でうがいを行うと、飛沫中の細菌数を減らせます。


8.スタッフは治療中のみならずお話しする時も、マスクのうえにゴーグル・アイガードを着 用することにご理解お願いします。

  • 患者様の安全を守るためには、スタッフの感染リスクに対する配慮も万全にしなければなりません。

  • そのために当院のスタッフも感染予防を行なっております。

  • 目からの感染も報告されてますので、スタッフはゴーグル・アイガードを装着します。

  • スタッフがマスクを着用したままでお話しすることをご容赦ください。


9.治療時は口腔外バキュームを使用いたします。

  • 治療時の切削粉塵や飛沫は全チェアに設置してる口腔外バキューム(フリーアーム® 東京技研)で捕集して拡散を阻止します。こうして診察室内をクリーンな環境に保って、患者様とスタッフの健康を守ります。

  • お口の近くで強力に吸い込むのでうるさいですが、ご理解お願いします。


今後も、患者様とそのご家族、スタッフの安全を第一優先した歯科医療の提供を行って参ります。


ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。