本来、私たちはリラックスしている状態だと上下の歯はくっついていません。リラックスしている時、舌は口蓋に軽く触れており、上下の歯は離れているれているはずです。 

 

    ところが、人は集中すると無意識に上下の歯をつけているものです。「歯を食いしばって頑張れ」「口をポカーンと開けてるんじゃない」「きりりとした口元」なんて言われたり、意識することが原因かもしれません。ひどい場合は、ぎゅっと力を入れて噛み締めていることもあります。

    こうなると、歯にひびが入ったり欠けて知覚過敏になったり、歯の周囲の骨にダメージとなり歯周病を悪化させたり、関節に負荷がかかって顎関節症を発症させます。また、筋肉が緊張して肩こりや頭痛の原因にもなります。 

    これらの対策として当院では、マウスピース(バイトプレート、ナイトガード)により治療したり、家庭療法を指導してます。

​ こんな心配があったら、ご相談下さい。