​ホワイトニング

  歯はできれば白くて綺麗なほうがいいですよね。

白い歯には次のようなメリットがあります。

  • 笑顔を見せた時に清潔感を感じさせ、若々しい印象を与えます。

  • 気持ちを明るくしてくれます。

  • フッ素や牛乳由来成分 CPP-ACPが浸透しやすくなり、歯質強化の効果がアップします。

  • 歯の白さを維持しようとして、日常のブラッシングが自然に丁寧になります

%25E7%25B9%259D%25E8%25BC%2594%25E3%2581
 

白い歯にする方法は、次の3つの方法があります。  

あなたが「どこまで白く改善したいかと思うか」を基準に、

この3つの中から選べばよいです。

一つ目から順に試してみるのも良いでしょう。

人それぞれ望む白さはまちまちですから、

自分がその白さに満足できれば、それでOkです。

それぞれの方法の特徴を説明しましょう。

ホワイトニング歯磨き.JPG

ブラッシング

  • 汚れやステインが気になる方は、「ポリリン酸ナトリウム」や「ピロリン酸ナトリウム」、「PEG(ポリエチレングリコール)」が含まれた歯磨き粉を使用するのがおすすめです。これらは、歯の表面に付着した汚れや着色を落としてくれる働きがあります。

  • 市販の歯磨き粉は、歯科医院がホワイトニングで用いる薬剤の主成分「過酸化水素」や「過酸化尿素」を含むことを禁止されてます。このために、ホワイトニング効果は歯の中まで及ぶことはなく、表層の色素のみ分解するため、一般的にはその効果は小さいといえるでしょう。

PMTC.jpg

PMTC

  • PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医院で専用の器具を用いて行う歯のクリーニングのことを言います。​

  • 自分で歯磨きを行っても、全ての汚れを除去することは困難です。

  • このような汚れを歯科医院で除去してもらうことにより、むし歯や歯周病を予防できます。また、歯の表面の着色や汚れを除去することによって、より白い歯に近づけることができます。

  • 歯の内部に染み込んでいる汚れはPMTCではとれませんが、とれる限りの 汚れをとりますので、かなり歯はきれいになります。

%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BC%E3%

ホワイトニング

  • ホワイトニングは、薬剤により歯を白くする方法で、PCTC; Professional Chemical Tooth Cleaning と言われてます。

  • 歯の内面まで変色している場合には、ブラッシングやPMTCでは白くなりませんが、ホワイトニングにより歯を白くすることができます。

  • もともと歯の色が黄色っぽいという人も、ホワイトニングによって理想の白さに近づけることが可能です。

  • クラウンで歯を白くする場合には、歯を削って被せる必要がありますが、ホワイトニングでは歯を削らずに白くすることができます。

 
 
 

ホーム ホワイトニングのメリット

  • ホワイトニングは、大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

  • オフィスホワイトニングは、歯科医院で薬剤を塗布し、特殊な光を照射して、歯を白くする方法です。即効性があるのが特徴です。

  • 一方、ホームホワイトニングは、自宅で専用のマウスピースを装着し、歯を白くする方法です。時間をかけて作用させるホームホワイトニングでは、以下のような優れた特徴がありますので、仲田歯科医院ではホームホワイトニングをお勧めしてます。​

​​

ホームホワイトニングをおすすめする3つの理由

01

自分のタイミングで

ホワイトニングができます。

ホームホワイトニングは、マウスピースの作製と薬剤の処方に来院すれば、あとは自宅で自分のタイミングでホワイトニングを行うことができます。ただし、ホワイトニング効果を発揮するためには、決められた時間と期間、毎日マウスピースを装着する必要があります。

02

自然な仕上がりで、

色の後戻りが少ないです。

ホームホワイトニングは、低濃度の薬剤を使用してじっくり白くしていく分、自然な白さやツヤを帯びた歯に仕上げることができます。しかも、色の後戻りが少ないという特徴があります。

03

茶色く変色している歯にも、

効果があると言われています。

例えば、濃い茶色に変色するテトラサイクリン歯と呼ばれる場合にも、ホームホワイトニングによって効果的な漂白ができる場合があります。ただし、根気よく長期間続ける必要があります。歯の変色に悩んでいる方は相談してみて下さい。

 

ホワイトニング前の診査

​と処置

1.ホワイトニングを始める前に口腔内の検査をします

  • 口腔内診査

  • レントゲン検査

  • 口腔内写真撮影

  • 歯周病検査​

​2.必要に応じて、むし歯と歯周病の処置をします。

  • 原則的にむし歯があれば、事前に治療が必要ですが、例外的にホワイトニングする歯にむし歯がある場合は、ホワイトニング後に治療をします。

  • 検査の結果、歯周病であったり、歯石や歯垢が付着している場合には、事前に歯周病の治療が必要になります。

​3.オーダーメイドマウストレー 製作用の型採りをします。

ホワイトニングキットの

​お渡し

4.開始当日にPMTC(歯のクリーニング)をします。

5.ホームホワイトニング スターター キットをお渡します。

  • スターター  キットには、ホワイトニング  ジェル  シリンジ 、オーダーメイド マウストレー、 トレー ケース が含まれます。

Tion スターターキット

6, 持ち帰り時の注意 

  • 医院から持ち帰る際は、常温でも問題ありませんが、高温になる環境(直射日光や車内等)は極力避け、帰宅後速やかに冷蔵庫で保管してください。

 

自宅でのホワイトニングの手順(動画)

 

 ホワイトニング

  • ホワイトニングをすると、比較的高頻度で冷たいものが凍みる知覚過敏がおこりますが、ほとんどの場合に、症状は軽度で一過性で、数時間から24時間で痛みが消えます。

  • 知覚過敏になりやすいのは、次のような場合です。

    • 現在、知覚過敏がある。

    • 過去に知覚過敏の既往がある。

    • 歯が擦り減っている

    • ヒビがある

    • 歯肉が痩せて歯根が見えている

    • 歯軋りや食いしばる癖がある

    • 知覚過敏になりやすいです。

  • そこで、上記のような場合には、ホワイトニングを始める2週間前から知覚過敏対策をすることがあります。

​1.シリンジにシュミテクトを人れて渡します。

2.1日1回、シリンジからトレーヘ シュミテクトを入れて、約10〜30分間口腔内で保持してパックします。

シリンジとシュミテクト.jpg
トレーとシュミテクトシリンジ.jpg

と知覚過敏

 

 

 

 

 

 

  • ホワイトニング中におこった知覚過敏の対策

    • 知覚過敏が生じれば、当院に連絡して下さい。

    • 冷水、酸性飲料水や冷たいもの飲食を避けて下さい。

  • 知覚過敏が1~2時間の短時間で治まる場合は心配ありません。

    • ホワイトニングジェルを入れたトレーを装着して2時間経過したら、トレーを外す。

    • 口内をぬるま湯で充分にすすぎ、歯磨材を使用してブラッシングする。

    • ホワイトニング前の知覚過敏への対応と同様にトレーヘ シュミテクトを入れて、約10〜30分間口腔内で保持してパックして下さい。

  • 凍みる程度が強まったり、12 ~ 24時間続くようならば、

    • 1~2日おきにホワイトニングするように変更します。

    • ホワイトニング前の知覚過敏への対応と同様にトレーヘ シュミテクトを入れて、約10〜30分間口腔内で保持してパックして下さい。

歯肉退縮と知覚過敏

歯肉が瘦せて、歯根が見えている部分で知覚過敏がおきやすい。

Tion スターターキット.jpeg
¥23000(税別)

​初回スターターキット

上下顎用トレー各1

4シリンジ(上下6前歯使用で2週間分)

​トレーケース

Tion%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%82%B7%E3%83%AA
¥5000(税別)

追加2シリンジ

上下6前歯使用で1週間分

未開封冷蔵庫保存で製造から2年有効

Custom-made-teeth-whitening-tray.jpg
¥8200(税別)

トレー再製作/1個

トレーを紛失したり、壊したりしてしまった場合は再製作が必要です。

ホワイトニングの費用

 

ホワイトニングのQ&A

 

1.シリンジ1メモリは何歯分ですか

前歯6本の1回です

2.シリンジ1本は何日分ですか

毎日、上または下の6前歯に使用した場合、1週間分になります。

シリンジ2本で、上下の前歯12本で毎日使用して1週間分です

icon25612263_edited.png

3.使い終わったシリンジはどのように廃棄すれば良いですか?

残っているジェルを流水で洗い流した後,患者さんのご自宅で廃プラスチックとして廃棄してください。

icon25612263_edited.png

4.ホワイトニングジェルがシリンジ先端からあふれた場合どうしたら良いですか?

ティッシュペーパー等水分を含まないもので拭き取って下さい。 

有効成分の分解が起こりますので、水洗や濡れたものでの拭き取りは行わないでください。

icon25612263_edited.png
 
 
 
 

5.ホワイトニングトレーを装着する時間と期間はどれほどですか?

​6.ホワイトニング しながら眠って良いですか?

1日1回、2時間です。

1回あたりの時間を短くすると、ホワイトニング効果が出るのに期間が長くなります。

原則は毎日使用しますが、状況によって(多忙でトレーを装着する時間がない、知覚過敏が生じた場合等)は、1日おきや2日おきに使用します。この場合にはホワイトニングの期間が長くなります。

状況によっては(例えば、知覚過敏の出現を恐る場合等)、 1回の装着時間を1-2時間に制限することもあります。この場合は、完了ま での期間はおのずと増えることになり、追加のシリンジが必要になります。

​就寝中はホワイトニングしないでください。

icon25612263_edited.png

7.ホワイトニングジェルがトレーからはみ出した場合に歯肉への影響はありますか?

歯肉、口唇、頬の内側にホワイトニングジェルが付着した場合、痛みを感じる場合があります。

 ホワイトニングトレーからホワイトニングジェルがあふれた場合、ティッシュペーパー等水分を含まないもので拭き取ってください。

歯肉が白くなったり痛みがでる場合も稀にありますが、一過性のもので1日か2日、長くても1 週間で消失します。

歯肉の痛みが気になる場合は、当院に連絡ください。

ビタミンE配合のクリーンデンタルN(第一三共ヘルスケア、最寄のドラッグストアで購入可能)を歯肉に塗布することをお勧めすることもあります

icon25612263_edited.png

8.ホワイトニング中に知覚過敏が起こりました。どうしたら良いですか?

知覚過敏対策を実施します。

詳しくは 「ホワイトニングと知覚過敏」を参照してください。

icon25612263_edited.png

9.ホワイトニングジェルが指についたらどうしたら良いですか?

そのような場合には、指についたジェルを洗い流して下さい。

ヒリヒリ感が残る場合は、ユースキン(ビタミンE配合軟骨、最寄のドラッグストアで購入可能)を塗ってください

icon25612263_edited.png

10.ホワイトニングジェルが衣類等に付着した場合、どうすればよいですか?

脱色される可能性がありますので、付着しないように注意してください。

 付着した場合は,すばやく拭き取って下さい。

icon25612263_edited.png
 
 
 
 
 
 

11.ホワイトニング後、口腔内のブラッシングは必要ですか?

ホワイトニング後は、ぬるま湯で口腔内を充分にすすぎ、歯磨材を使用してブラッシングしてください。

 ホワイトニングジェルは水に溶けにくく垂れにくいジェル性状となっています。

ホワイトニングジェルが口腔内に残っていると知覚過敏や歯肉の炎症等を引き起こす可能性がありますので、歯磨材を使用してブラッシングを行い、ホワイトニングジェルを除去してください。

icon25612263_edited.png

使用後に流水下で歯ブラシを用いて清掃し、水分を脱脂綿やティッシュペーパー等でふき取り、ケースにて保管してください。

 変形の恐れがありますので、お湯を用いた清掃はしないで下さい。

icon25612263_edited.png

13ホワイトニングトレーの保管方法は?

清掃後に水分を脱脂綿やティッシュペーパー等で拭き取り、ケースに戻して保管して下さい。

 変形の恐れがありますので、高温(熱源の近く、直射日光が当たる等、45℃を超す場所)に放置しないでください。

icon25612263_edited.png

12.ホワイトニングトレーの清掃方法は?

 
 
 

14.ホワイトニング期間中の飲食物の制限はありますか?

有効成分を効果的に歯面に作用させるため、色の濃い飲食物(コーヒー・カレー・赤ワイン等)、酸性飲食物(コーラ等の炭酸飲料やレモンなど)は避けてください。

喫煙も避けてください。

icon25612263_edited.png

15ホワイトニングジェルの保管方法は?

ホワイトニングジェルは要冷蔵です。冷凍はしないでください。

ホワイトニングジェルは水分と接触させないでください。

水分と接触すると有効成分が分解し、効果が低下する可能性があります。

icon25612263_edited.png

16.ホワイトニングにより被せ物や詰め物も白くなりますか?

すでに充填・装着されているコンポジットレジン(プラスチック)等の修復物は、ホワイトニングを行っても白くなりません。

 このためホワイトニングが終了した後、白くなった歯と色調が合わなくなることがありますので、再充填や作り直しが必要になることがあります。

icon25612263_edited.png
 
 
 

17.ホワイトニング後に注意することがありますか? ホワイトニング後に元の色に戻ることがありますか?

 一般的に、完全に元の色まで戻ることは考えにくいですが、下記のような原因により半年から1年で徐々に後戻りしてきます。

 ステインや着色汚れの予防、または、ホワイトニング後の白さの持続するためには、「市販されているホワイトニング効果をうたっている歯磨き」を使われることをお勧めします。

  後戻りのセルフチェックの為に、シェードガイドを活用して下さい。

後戻りの考えられる原因

  • お茶、コーヒー、ワイン、カレーなどの飲食物に含まれる色素による着色。 

  • タバコのヤニによる着色。 

  • うがい薬や洗口剤などの薬剤による着色。 

  • 高い研磨力を有する歯磨剤を使用している場合。

  •  研磨剤が入っていない歯磨剤を使用している場合。

  • これらの摂取及び使用を控え、着色が気になりだしたら後戻り防止のためのホワイトニング(タッチアップ)を行うことをおすすめします。

後戻りの対策としてのタッチアップ

  • 患者様が3~6ヶ月後に歯の色調が後戻りしてることに気付いたり、メインテナンス時に歯の色調が戻ってることがわかれば、ホワイトニングジェルを追加購入してタッチアップ(再ホワイトニング)します。

  • タッチアップのために、トレーは大切に保管してください。

 

 

 市販されているホワイトニング効果をうたっている歯磨きには次のようなものがあります。

  • ポリリン酸を含む歯磨き

    • グラクソ 薬用シュミテクト トゥルーホワイト 

    • 花王 ピュオーラGRAN(グラン)ホワイトニング(薬用ハミガキ) 

    • 花王 クリアクリーンプレミアム 美白

    • ライオン プラチアスクリーミィアップペースト

    • 第一三共 ヘルスケアシティースホワイト 

  • ピロリン酸を含む歯磨き

    • ライオン歯科材 ブリリアントモア フレッシュ スペアミント

  • PEG(ポリエチレングリコール)を含む歯磨き

    • 第一三共 ヘルスケアシティースホワイト 

    • サンスター 薬用APホワイト(リフレッシュミント)

 
icon25612263_edited.png
icon25612263_edited.png