Q. むし歯予防に効果的な歯の磨き方を教えてください。

 

A.効果的にむし歯を予防するには、フッ素配合歯磨き粉を上手に使って歯を磨くことが大事です。ポイントは年齢に応じた歯磨き粉のフッ素濃度とその使用量と歯磨き後のすすぎ方にあります。

 

 これから欧米と日本の効果的な歯磨き方法を4つ紹介しますから参考にしてください。また、さらに詳しく知りたい方は当院のブログ「むし歯予防に本当に効果的な歯磨き法&PMTC」をご一読ください。

 https://www.nakata-sika.com/post/effective-use-of-fluoride-toothpaste-and-pmtc-to-prevent-tooth-deca

 年齢に応じた適切な フッ素配合 歯磨き粉を適切な濃度と使用​量を以下の図のとおりですから、ぜひ、守ってください。」

歯ブラシと歯磨きr量とフッ素濃度_6ヶ月から2歳.png
歯ブラシと歯磨きr量とフッ素濃度_6から14歳.png
歯ブラシと歯磨きr量とフッ素濃度_3から5歳.png
歯ブラシと歯磨きr量とフッ素濃度_15歳以上.png

紹介する4つの歯みがき法の特徴は次の通りです。

  • Modifiedtoothpaste technique

    • 歯磨き後に歯磨き粉の泡でゆすいで、水ではすすがない、むし歯予防効果が高いと欧米で推奨されている歯みがき法​

  • イエテボリテクニック

    • 歯磨き後に口の中にフッ素を残すために、出来るだけすすががないない方法。NHK「ためしてガッテン」が紹介した方法。​

  • 日本口腔衛生学会推奨歯みがき法

    • 歯磨き後のうがいを省けない日本人向けに1回だけすすぐ方法。​

  • ダブルブラッシング法

    • どうしてもしっかりすすぎたい人向けの歯磨き法。むし歯予防効果を高めるために、二度にわけて歯磨きする​方法

​ これらの歯磨き方法の違いを、表にまとめました。参考にして、ご自分にあった続けられる方法を見つけて、むし歯予防に役立てて下さい。